となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
ZEH実績報告はこちら
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.06.13 / 暮らしのアイデア

足裏から伝わる無垢材の温かみ。ほのかに香る天然のアロマとも言える木の香りといったように、自然素材を使った家は、住まう人の五感を優しく刺激する住まいのカタチ

なかでも天竜の山で育まれた木材は、家づくりに携わる私たちにとっても"信頼できる素材"です。

 

今日は、天竜の山の木を、となりの建築工房が家づくりで使ってきた理由について、設計担当の大桑に話を聞きました。

190613_1.jpg


Q.となりの建築で、天竜の山の木を使った家づくりを大切にしているわけは?

 

となりの建築工房が「これはいい木だ」と信用している山の木と、それを扱う材木屋さんが近くにいるから。それに尽きると思います。

 

私は、小さい頃は祖父母と一緒に天竜の山に入って枝打ちなどをしていましたし、実際に材木屋で親方として働く親戚がいます。今でも自宅から車で5分の場所に天竜材の製材所があります。小さな頃から間近に天竜の山で育つ木と、それを育み、木材として世に送り出す人たちを見てきました。

 

信用している山と、信用している人から仕入れられる木材が、実際に素材としても優秀な素材なので、使わない理由が見つからないんです()


190613_2.jpg



190613_3.jpg 

---

いかがでしたか?

天竜材を使って家づくりをする会社はたくさんあります。でも、実際にその材木が育つ山を見てきた人間は少ないのではないでしょうか。

 

「物語のある家」を作り続けるとなりの建築工房。改めて考えてみると、私たち自身にも素材との物語があったのです。


☆最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら♪

http://www.tonarino.co.jp/event/
2019.06.06 / 暮らしのアイデア

木材は、天竜の山の木を...というように物語のある素材を家づくりに。そう考えている私たち。実は、地元・浜松の伝統工芸である遠州綿紬を室内ドアに使っています。

木材と遠州綿紬の柔らかな雰囲気は、組み合わせて使うことでより一層、住まいに味わいをプラス。

今日、そんな無垢材×遠州綿紬で作り出される、となりの建築工房のオリジナル建具についてお話ししてみたいと思います。


190606_1.jpg


遠州綿紬とは、江戸時代ごろから浜松の地で農家の冬仕事として作られ始めた織物です。


温暖な気候の浜松は、かつては泉州や三河と並んで棉作り
(わたづくり)の一大産地として栄えたこともあるエリア。そんな地元で作られた棉(わた)を丁寧に染色し、職人たちの手で織りあげられる生地は、日本の暮らしに寄り添う優しい色合いです。

ともと、となりの建築工房でも「遠州綿紬を家づくりに使えたらいいね」と話していたのですが、着物の生地として作られてきた反物は、どうしても横幅が決まってしまっています。

暖簾を作るのも良いですが、現代の住まいの形に寄り添うものはないか?と考えたときに生まれたのがドア建具に使うというアイデアでした。

190606_2.jpg


柔らかな日本の四季に似合う色合いを縞模様に織りあげた遠州綿紬を、同じく浜松の山で育った木材と組み合わせる建具は、生地もお客様のお好きなものを選んでいただけるようになっているため、世界にひとつだけのドアに!

物語のある素材を暮らしに取り入れる。そして、その素材は私たちが暮らす土地から生まれている。

そう考えるだけでも、何だかちょっぴり心が豊かになるような気がしてきませんか?


☆最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら♪

http://www.tonarino.co.jp/event/  

2019.05.31 / お知らせ・その他

となりの建築工房で設計を手掛ける大桑は、家づくりの作法を大切にする設計士。小さい頃の夢は大工さんだったという大桑が、最近嬉しかったのは「大ベテランの大工さんと話をしたときに、家づくりや建築に対して対等に話ができた」ことなのだとか。

「長年設計をしてきて、今やっと憧れの大工さんに追いつけたと思うと本当に楽しかったです」と語る大桑の、仕事の流儀やこだわりを聞きました。


190531_1.jpg

 

Q.いつもどんな風に家を設計しているの?

あくまでも私の場合...ではありますが。立面図を考えてから平面図を書いていくのが私のスタイルです。

まずは、お客様からいただいた要望や要素を全部頭に入れます。そのあとで、外観はこんな家がいいのではないか?という絵を描きます。

そのあとで「日当たりを考えると窓はここにしよう」「鬼門がこの方角にあるから、これは別の場所に置こう」といった風に間取りをパズルのように組み立てていきます。

ここまでが、頭の中でする作業。

全てが頭の中でパズルのピースのようにはまってから、図面を描き始めます。

いざ図面を描き出すと、夢中になって気がついたら1日が終わっていたということもよくあります。


190531_2.jpg

 

Q.設計する上で何か譲れないポイントはある?

特にないですよ()

だって、家はお客様のもの。設計士としては、お客様からの要望を最大限反映させた家を作ることが仕事です。

ただし、何も言わずに全て言われた通りにするわけではありません。

設計段階でアドバイスできる、間取りや一つ一つの仕様のメリット・リスクは「余計なお世話」と言われたとしても、全てお伝えするのがプロの仕事だと思っています。

設計のプロとして「これでいいや」と中途半端な図面を出すことや、「それは知らなかった」と後から言い訳するようなことは絶対にしないようにしています。

---

お客様から「大桑さん、この仕事が本当に好きでしょ?楽しそうだもん」と言われることもあるという大桑の設計への熱い話はまだまだ尽きません。

もっと聞いてみたい!という方は、ぜひお気軽にとなりの建築工房までお問い合わせください!
2019.05.30 / お知らせ・その他

今日は、となりの建築工房で設計を手掛ける大桑に家づくりのこだわりや想いをインタビュー!

大桑がプロとして、住まいを設計する上で大切にしていることは一体どんなことなのでしょうか?早速話を聞いてみましょう。


190530_1.jpg

 

Q.この業界に入ったきっかけは?

小さい頃の夢は大工さんでした。小学生の頃に家のリフォームに来た大工さんを見て「かっこいいなあ」と思ったのが、建築の世界に入った原点。

もともと自分で何かを作ることも好きでしたし、天竜の山の木に囲まれて育ってきましたから、今この仕事をしているのは、自然な流れだったんだな、と感じています。

 

Q.設計という仕事をする上でいつも心がけていることは?

家の設計は、一つとして同じ答えがありません。お客様が10人いれば10通りの要望がありますし、土地の広さや形などの条件によっても家の形は変わるもの。

どれも正解ではないからこそ、限られた時間のなかでベストな形を突き詰められるかが大切です。

ただし、設計者が「これが完璧だ」と図面をお客様に押し付けてしまってはいけないと思っています。

あくまでも設計は、お客様が「こんな家にしたい」と思い描いた家を図面という形にしてご提案する仕事。もちろん、お客様自身も気がついていない要望を汲み取ってご提案することもありますが、あくまでもこれから作る家はお客様のもの。その点は忘れないようにしています。

 

Q.設計図面にもこだわりがあるのだとか?

そうですね、若い頃からのこだわりですが、設計図は絶対にデータでお渡ししないようにしています。

例えばプリンターが違えば、図面の線の強弱や濃淡が少しずつ変わってしまいます。一度プリントアウトした図面をコピーしても、原本とコピーしたものの印象は変わってしまいます。

それが嫌なので、できた図面は自分の「これだ!」と思う線にプリントアウトできたものだけをお客様にお渡しするようにしています。

やっぱり最初の設計図を見ていただいたときの印象が大切だと思っていますから。

---

家づくりのスタート地点を決める設計という仕事を極めてきた大桑のこだわりは、確かな家づくりをするために、欠かせないこだわりばかり!

大桑へのインタビューは次回へと続きます。どうぞお楽しみに!

2019.05.14 / 暮らしのアイデア

大切な家族の物語が紡がれる、マイホームを建てようと決心してから、無事に家が完成するまで。土地のこと、予算のこと、間取りのこと...、生活しやすさ、そして10年後20年後の暮らしやすさなど考えなければいけないことはたくさんです。

いわばマイホームづくりは、お客様にとっても人生の一大プロジェクト。無事にお引き渡しする瞬間は、感慨もひとしおです。

190514.jpg


となりの建築工房では、お客様のマイホームでの新生活へのお祝いの気持ちを込めてお引き渡し時にプレゼントをご用意しています。

実はこのプレゼント選びも、毎回「何をお贈りしようか...」と時間をかけているんです。

 

プレゼント選びの中でも、忘れられないのが、ホースをプレゼントさせていただいたお客様とのエピソード

 

家づくりだけでなく身の回りのもの一つとっても、大切に、こだわりを持って選ばれていたあるお客様に、リールホースをプレゼントしたときのことです。

たくさんあるリールホースの中から「きっとお客様はこれがお好きだ!」と選んでお送りしたところ、お客様はびっくりしたお顔に。そして、こんな言葉をかけてくださいました。

 

「たくさんホースは試してきたけれど、私はこれしか使わないと決めていたんだよ。よくこのホースを私が好きだとわかりましたね!」

 

この偶然の一致には、私たちもびっくり!

 

「いい家とは?」という問いの答えは100人いれば100通りあるからこそ、お客様のこだわりをじっくり伺い、とことんお客様のことを考えながら家づくりをしているとなりの建築工房。

 

お客さまのお好きなものやライフスタイルを考え尽くしたからこそ、プレゼント選びでも「これ欲しかった!」というものをピタリと当てられたのかな?とほんの少し嬉しくなったエピソードでした。

 

☆最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら♪

http://www.tonarino.co.jp/event/