となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2018.12.11 / 暮らしのアイデア

新しい革財布も、使えば使うほど味わいが増し、世界に一つだけのお財布になるように。

年齢を重ねた方の顔に刻まれたシワが、その人の生き様を映し出し、魅力的な存在感を作り出すように。

住まいも年月とともに、歳を重ねていきます。

となりの建築工房では、年月とともに味わいを増していく、いわば家族と一緒に年を重ねる住まいを作りたいと考えています。

 

そのために、こだわっているのが素材す。

天竜の山の木をふんだんに使った住まいは、生活する中で小さなキズやお子様のらくがきの痕が刻み込まれ、情緒あふれる空間へと時間をかけて変化していきます。

201812_2.jpg

 

となりの建築工房では、ただ単に無垢材を使うのではなく、地元・天竜の山で育った木材を使用しています。

天竜の山の木は、国産無垢材の中でも、その美しさ強度・粘りの強さで建築資材としてとても高い評価を得ています。

その理由は、天竜の山で育った杉と、九州で育った杉の年輪の幅を比べてみるだけでも一目瞭然。ぎゅっと年輪の目が詰まった天竜の山の木は、より高い強度を誇ります。

 

地産地消、天竜杉...そんな言葉がいつしか広告のキャッチコピーとしてたくさん使われるようになった今。天竜材の良さをお伝えすればするほど、その価値が軽くなってしまうようであまり言いたくないのですが、それでも知っていただきたいと思うくらい。天竜の山の木は、住まいに心地よさと、木のぬくもり、そして耐久性をもたらしてくれます。

 

となりの建築工房では、構造材や柱、土台はもちろんのこと、床材や作り付けの家具、建具などにも天竜の山の木をふんだんに使用しています。興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。

instagram
  • 画像の取得中です