となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.01.15 / 暮らしのアイデア

となりの建築工房で設計を手がける大桑は、基本位忠実な設計士。
今人気のデザインに流されるのではなく、10年後も20年後も変わらない住まいの普遍的な価値を大切にしたいと考えています。

例えばそれは、神棚の位置にも表れているんですよ。今日はその話をほんの少しだけお話ししてみようと思います。

201901_2.jpg

 

となりの建築工房ではお客様と間取りや設計を決める際、お客様に手書きでどんな家にしたいのか、趣味、家族構成、理想の暮らしなどを記入していただくシートをお渡ししています。

 

家族物語」とも読んでいるこのシートに書かれた内容をもとに、お客様のライフスタイルや好み、ときには性格なども配慮しながら家の仕様やデザイン、間取りを決めていきます。

 

こうして作られていく家の設計は、お客様から特にオーダーがなかったとしても「上が廊下になっているような場所には神棚を配置しない」ようにしています。
神様を祀る場所だからこそ、生活の中で踏んでしまわないように配慮する。そんな設計の礼儀や習わしは気にする人が少なくなっているとはいえ、やはり大切にしたいものではないでしょうか。

 

これまで700棟以上の設計を手掛けてきたとなりの建築工房の大桑。
設計の礼儀を大切にしながら、お客様の暮らしや希望を反映した家づくりをご提案させていただきます。

instagram
  • 画像の取得中です