となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.02.05 / 暮らしのアイデア

土台や構造材、柱に天竜桧を使っているとなりの建築工房。今回は、この天竜桧の柱の向きについて少しお話ししてみようと思います。
で使われている柱は、当然ながら柱になる前は山に生えていた木。

 

お家の建材として、山の木が柱になり、設置されるとき。大工さんは加工された木材の節の向きや年輪、柱についた印などを見て、木が実際に山で生えていた上下・南北の向きと同じように設置しています。

 

柱に使われている木材は、湿度や温度によって収縮しながらお家をがっしりと支えています。そのため、木の性能をきちんと引き出すには、根元部分は下に、生えていたときに南に向いていた面を南に設置するのが大切なのです。

 

残念ながら最近では、大工さんの中にもこの柱の向きの大切さを知らない方も増えつつあります。
なりの建築工房で家づくりに加わってくださっている大工さんは、こうした木の知識も豊富な信頼できる大工さんばかり。コンクリートの家やツーバイフォー工法の家も増えつつある今。
1000年以上前から続く、大切な家を支える木材の知識や作法をしっかりと守り、継承し、いい家づくりにつなげていくことも、となりの建築工房の"物語"なのかもしれません。

190205.jpg

 

種類によって、特性や風合いが異なる木材。となりの建築工房では、構造材に天竜の山で育った杉や檜の木材を使い、住まいの心地よさと耐久性を形にしています。
浜松の気候風土にあった地産地消の家づくりなら、私たちにおまかせください!

天竜の山の木についてもっと知りたい方はこちら!
>> http://tonarino.co.jp/blog/2018/12/post-192.html

instagram
  • 画像の取得中です