となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.02.21 / 暮らしのアイデア
「あんまりきれいごとを言うのは、嫌なんだけど...」と言いながらも、背伸びするのではなくテーラーメイドの服のように暮らす人にあった家づくりを目指していると話す、となりの建築工房の松島政晴
前回に引き続き、今回も松島に家づくりのこと、となりの建築工房のことなどを聞きました。

20192_3.JPG



Q.いつもお客様との打ち合わせで心がけていることは?

A.お客様との打ち合わせでは、家以外の話もできるだけするようにしています。
どんな家にしたいかという話だけでは、なかなかお客様のライフスタイルやこだわりを引き出しきれないことも。
「こんな間取りにしたい」「こういうデザインがいい」という要望をお聞かせいただきつつも、プロとしてお客様の暮らしには「こんな形がいいのでは?」とお客様の想像を超えたプランをご提案したいんです。
また、プランやデザインが納得いくものでも予算と兼ね合わなければ意味がありませんから、コストとデザインの兼ね合いで最適な落としどころは何か、も考えてご提案するようにしています。


Q.そう思う理由は?

A.人は、一生どこかに住まなければいけない生き物。賃貸であれ持ち家であれ、住む場所(=家)が必要なんです。
だからこそ、家は生活に大きく影響する要素。デザインや間取りも大切ですが、同時に住まいが家計を圧迫してもいけません。

また、生活する上で困っていることを建築から解決できることだってたくさんあると思っています。となりの建築工房で家を建ててくださるお客様が「家を建てて暮らしがいい方向に変わった!」と思っていただくのが理想。家以外の話も聞きながら、予算をオーバーしないようにしながら「この人ならこうやったら喜んでもらえるだろうな...」と言う最大公約数の答えを見つけて家づくりをすることが大切だと思うんです。


--
松島の家づくり、仕事にかける熱い想い。ほんの少しでも伝わりましたでしょうか?まだまだご紹介しきれなかった、お客様との忘れられないエピソードなども、後日機会を見てご紹介させていただきます!

instagram
  • 画像の取得中です