となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
ZEH実績報告はこちら
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.05.31 / お知らせ・その他

となりの建築工房で設計を手掛ける大桑は、家づくりの作法を大切にする設計士。小さい頃の夢は大工さんだったという大桑が、最近嬉しかったのは「大ベテランの大工さんと話をしたときに、家づくりや建築に対して対等に話ができた」ことなのだとか。

「長年設計をしてきて、今やっと憧れの大工さんに追いつけたと思うと本当に楽しかったです」と語る大桑の、仕事の流儀やこだわりを聞きました。


190531_1.jpg

 

Q.いつもどんな風に家を設計しているの?

あくまでも私の場合...ではありますが。立面図を考えてから平面図を書いていくのが私のスタイルです。

まずは、お客様からいただいた要望や要素を全部頭に入れます。そのあとで、外観はこんな家がいいのではないか?という絵を描きます。

そのあとで「日当たりを考えると窓はここにしよう」「鬼門がこの方角にあるから、これは別の場所に置こう」といった風に間取りをパズルのように組み立てていきます。

ここまでが、頭の中でする作業。

全てが頭の中でパズルのピースのようにはまってから、図面を描き始めます。

いざ図面を描き出すと、夢中になって気がついたら1日が終わっていたということもよくあります。


190531_2.jpg

 

Q.設計する上で何か譲れないポイントはある?

特にないですよ()

だって、家はお客様のもの。設計士としては、お客様からの要望を最大限反映させた家を作ることが仕事です。

ただし、何も言わずに全て言われた通りにするわけではありません。

設計段階でアドバイスできる、間取りや一つ一つの仕様のメリット・リスクは「余計なお世話」と言われたとしても、全てお伝えするのがプロの仕事だと思っています。

設計のプロとして「これでいいや」と中途半端な図面を出すことや、「それは知らなかった」と後から言い訳するようなことは絶対にしないようにしています。

---

お客様から「大桑さん、この仕事が本当に好きでしょ?楽しそうだもん」と言われることもあるという大桑の設計への熱い話はまだまだ尽きません。

もっと聞いてみたい!という方は、ぜひお気軽にとなりの建築工房までお問い合わせください!
instagram
  • 画像の取得中です