となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
ZEH実績報告はこちら
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.06.27 / 暮らしのアイデア
190627.jpg


「ただいま」と玄関を開けたときに「ほっ」と安心できる家。


そんなくつろぐ場所としての家づくりを大切にしているとなりの建築工房では、 "いい塩梅(あんばい)"の家づくりを常々心がけています。

例えば、明るく日差しがたっぷり入る家=いい家というイメージを持つ方は多いもの。もちろん、日当たりが良く明るい家は居心地も良いものです。

 

とはいえ、家のどこにいても日差しがたっぷり注ぐ明るい家は、何だか落ち着かないもの。

ゆったりお昼寝したいとき。勉強や読書を集中してしたいとき。明るすぎたり開放的すぎたりする場所よりは、秘密基地や書斎のように籠もれる場所の方がいいときもありますよね。

 

また、明るさを確保するために窓を大きく開けてしまえば、せっかく気密性の高い家にしても窓からの湿気や外気温の影響が室内環境に影響を与えてしまうかもしれません。また、場合によっては外からの目線が気になる、プライバシーの確保しにくい家になってしまうことも。

 

こんな風に、明るい家がいい家とは限らないこともあるのです。

 

お客様の話をじっくり伺いながら、ぴったりな家をテーラーメイドのように作っていくと、日々、これが正しいという家の形はないなと感じます。正解がないからこそ、私たちはお客様の想いを聞き、想像しながらいい塩梅の住まいの形をご提案したいと思っています。

 

"家はあくまでもくつろぐ場所"。

それを大切にしながら、一緒に家づくりをしてみませんか?

 

どんな住まいの形が自分たちに合っているのかわからなくても大丈夫!

「どんな風にいえばいいのかわからないのだけど...」と打ち合わせ時にご要望や思いをお聞かせくださる方も多いのですが、それを汲み取り、生活シーンを想像しながら形を提案するのが私たちの仕事です(^^)

 

instagram
  • 画像の取得中です