となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
ZEH実績報告はこちら
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.03.26 / 暮らしのアイデア
一昔前のご近所づきあいを表す言葉に「味噌・醤油も貸しあう仲」なんていうものがあるのをご存知ですか?
ちょっと醤油/味噌が切れたから、おとなりさんに「お醤油/味噌貸してくれませんか?」と気軽に貸し借りできるご近所づきあいの深さを表すこの言葉。
核家族化や地域の繋がりが薄れつつある昨今では、死語に近い言葉なのかもしれません。
そんな「ちょっとお醤油貸して」な関係を、親世帯と子世帯が気軽にできるのが完全分離型の二世帯住宅♪

 
3月に開催した物語見学会シリーズ「築0才のお家」@浜松市東区では、キッチンや玄関、お風呂、玄関など暮らしに必要な住まいの機能をすべて親世帯と子世帯で分けながら、長屋のような気軽な交流が楽しめる完全分離型の二世帯住宅をご提案しました。
 
子世帯と親世帯の生活空間をつなぐ唯一の動線は、親世帯のキッチンです。

190326_4.jpg

190326_3.jpg



坪庭を眺めながらお料理できる、親世帯のキッチンの扉を開けると、すぐそこに子世帯のLDK空間が広がる間取りは、「お母さん、お醤油貸して」なんて会話も気軽にできる程よい距離感♪



190326_1.jpg


ご両親の生活空間となるリビングは、庭を眺めながらのんびり寛げる和テイストを反映させたデザインに。無垢のフローリングには、天竜の山の木を使い温かみのある雰囲気となっています。
 
また、ご両親の趣味である壺コレクションは、2階の小屋裏収納に。
階段にもコレクションを飾るスペースをご用意しています。

190326_5.jpg

190326_6.jpg


補助金などを活用し、賢く建てられた完全分離型の二世帯住宅プランは、となりの建築工房が、お客様と一緒に紡ぐ家物語

 
時代によって移り変わる家族のあり方、暮らし方。
二世帯住宅の良さも改めて今見直され始めている今だからこそ、となりの建築工房では、ご家族のライフスタイルに合わせた家の形をご提案させていただきます。


190326_7.jpg



\4月も開催!/
となりの建築工房 0歳の家 完成見学会
 
今回ご紹介した二世帯住宅と同じく、完全分離型の二世帯住宅が浜松市中区上島に完成!4月に完成見学会を開催します。
天竜の山の木を使った家づくりや、二世帯住宅を実際の住まいを見ながら一緒に考えてみませんか?
 
・日程:4月6日(土)・7日(日)
・時間:①9:30〜 ②11:30〜 ③13:30〜 ④15:30〜
・場所:浜松市中区上島5丁目21-12
・ご予約:Eメールもしくはお電話にて
 
※WEB予約はこちら>>http://tonarino.co.jp/contact.html 
※TEL予約はこちら>>053-545-6766

 
これから二世帯住宅をお考えの方、天竜の山の木を使ったとなりの建築工房の家づくりを体感したい方は、ぜひお気軽にご予約・お問い合わせください!
 
皆様とお会いできることを楽しみにしています。
 
☆最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら

2019.03.19 / 暮らしのアイデア

テーラーメイドの服のように。家族の物語を受け止め、紡ぎはじめる家づくりを目指すとなりの建築工房です。

家族の形や暮らし方が改めて見直されつつある最近。二世帯住宅に関するご相談をいただくことも多くなりました。先週末16()17()に開催した、物語見学会シリーズ「0才のお家」もそんな二世帯住宅のひとつ。

ご要望の多い"完全分離型"の二世帯住宅は、玄関・お風呂・キッチンを親世帯・子世帯用それぞれに作っています。

 

今日は、見学会にお越しいただけなかった方へ♪内観をほんの少しだけご紹介させていただきます。

 

建坪約40のこちらの住まいは、若夫婦とお子様、ご両親が暮らす家。

玄関を分け、親世帯と子世帯の住空間をつなぐ動線は、1階に一つだけ。

 

また、両世帯のリビングを中庭に面した場所に配することで、程よい距離を保ちながら暮らせる住まいとなりました。

190319_4.jpg

190319_3.jpg


子世帯の住空間は、12.5帖のリビングダイニングと、回遊性を意識したキッチン〜洗面・お風呂の水回り、そして夫婦の寝室を1階に。


190319_1.jpg

190319_5.jpg

190319_6.jpg

2階には子供部屋と小屋裏収納、贅沢な4.5帖の書斎を配置しています。

ご夫婦ともに学校の先生ならではのこだわりが反映された書斎は、お子様の勉強スペースとしても◎。

190319_7.jpg


リビングの一画に設けたフラットな畳スペースにゴロンと寝転がれば、天竜の山の木を使った現しの梁が空間に癒しを運んでいます。

190319_2.jpg




もちろん、親世帯の住空間にもこだわりが...と、そこは長くなりそうなのでまた次回に♪どうぞお楽しみに!

 

4月も開催!

となりの建築工房 0歳の家 〜二世帯住宅〜完成見学会

 

・日程:46()7()

・時間:①9:30〜 ②11:30〜 ③13:30〜 ④15:30

・場所:浜松市中区上島5丁目21-12

・ご予約:Eメールもしくはお電話にて

 

WEB予約はこちら>>http://tonarino.co.jp/contact.html

TEL予約はこちら>>053-545-6766

 

となりの建築工房では、4月にも二世帯住宅の家の完成見学会を開催予定です♪

これから二世帯住宅をお考えの方、天竜の山の木を使ったとなりの建築工房の家づくりを体感したい方は、ぜひお気軽にご予約・お問い合わせください!

 

皆様とお会いできることを楽しみにしています。

 

☆最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら

 http://www.tonarino.co.jp/event/ 

2019.03.12 / 暮らしのアイデア
住まいのデザインが暮らしやすさを作るから...。
私たちはご家族がほど良い距離感で、心地よく暮らせる家づくりを物語のように紡いでいます。

二世帯7人のご家族が暮らすS様邸「ゆずりは」は、多めの共用部分と、ご両親・若夫婦それぞれの専有部分もバランスよく仕上げたこだわりの二世帯住宅です。

190312_1.jpg

となりの建築工房がこだわる深い軒のあるウッドデッキやキッチン、ベンチのように腰掛けられる畳スペースのあるリビングはご家族が自然と集まる共有スペース。

190312_2.jpg

190312_3.jpg

LDK
は質感のある現しの梁がさりげなく空間を分け、隣の部屋やウッドデッキ、外への広がりを演出しています。キッチン前のカウンターには、落ち着いた色合いのタイルを貼り、デザイン性だけでなく掃除のしやすさにも配慮。カウンター下や、畳スペースの段差を活用した収納空間が、室内をすっきりいつも綺麗な状態にキープする便利な要素となっています。

190312_4.jpg



190312_6.jpg
 
どんなに仲良し家族でも、世代間のライフスタイルの違いは生じてしまうもの。だからこそ、寝室や趣味スペースなどの専用部分もメリハリを持って配置した二世帯住宅となっています。

二世帯住宅は、家族の距離感をいかに心地よく保てる間取りにするかが大切!
家族の物語が刻まれる住まいだからこそ、じっくりとお話を伺いながら家の形を決めていく、となりの建築工房と一緒に家づくりを始めてみませんか?

今週末16、17日はとなりの建築工房の二世帯住宅の見学会を開催予定♪
ご家族のライフスタイルに合った、二世帯住宅の形を一緒に探してみませんか?

築0才の家見学会@浜松市東区原島町
・日程:3月16日(土)・17日(日)
・時間:①9:30〜 ②11:30〜 ③13:30〜 ④15:30〜
・場所:浜松市東区原島町344-4
・ご予約:Eメールもしくはお電話にて
※WEB予約はこちら>>http://u0u0.net/WoYy
※TEL予約はこちら>>053-545-6766

2019.03.05 / 暮らしのアイデア
徐々に陽が長くなり、春の足音を感じることも多くなってきた今日この頃。
春夏秋冬、四季のある日本は暮らしも季節の移ろいによって少しずつ変化していきます。

昔ながらの工法を継承し、心地よい家づくりを叶えているとなりの建築では、ほとんどのお家に(のき)や(ひさし)を深めにつけています。コストダウンや住まいの洋風化によって、削られてしまうことも多くなってきた軒や庇ですが、実は日本の気候に合わせて作られた合理的な形だというのをご存知ですか?

190305_1.jpg

菜の花が咲く頃に降る春の雨や、長雨が続く梅雨など降雨量の多い日本。
深さのあるは、雨が家の中に降りこむことを防ぎ、雨の日でも窓を開けて換気できるようにしてくれます。

また、太陽が天高くのぼる夏には、深い軒や庇が家の中に入る日差しをしっかりと遮り、室内を快適に。

反対に冬には空に低くのぼる太陽の高さに合わせて光の入射角が低くなるため、室内にしっかりと暖かな日差しが注ぎ込むようになっています。

190305_2.jpg

こんな風に、快適な室内空間を作る上で欠かせない大切さを知っているからこそ、となりの建築工房では、深い軒や庇のある家をデザイン・設計しています。

風土に合わせて編み出されてきた、先人の知恵が詰まった昔ながらの家づくりは、実に合理的で、暮らしにあったものなんですね。

在来工法の良さをもっと知りたい!話を聞いてみたい!という方は、お気軽にお問い合わせください。

2019.02.28 / 暮らしのアイデア
0歳の家 見学会のお知らせ♪

3月16日(土)・17日(日)に天竜の山の木を使った世帯住宅の見学会を開催します!
http://tonarino.co.jp/news-event/2019/02/31617.html

201902_4-1.jpg


今回ご見学いただけるのは、浜松市東区原島町に完成する2階建+平屋二世帯住宅
玄関やキッチンなど子世帯と親世帯の生活空間をしっかりと分けた築0才のお家は、二世帯住宅をご検討されている方はもちろん、そうでない方にも♪

となりの建築工房の家づくりをたっぷり感じていただける住まいです。
二世帯住宅を建てるにあたり、浜松市からの補助金を活用。もちろん、となりの建築工房こだわりの、天竜の山のを使用した住まいです。

201902_4-2.jpg

天竜の山の木を使った、ほっと安らぐ家づくりを見てみたい方も是非お越しください!

築0才の家見学会@浜松市東区原島町
・日程:3月15日(土)・16日(日)
・時間:①9:30〜 ②11:30〜 ③13:30〜 ④15:30〜
・場所:浜松市東区原島町344-4
・ご予約:Eメールもしくはお電話にて
※WEB予約はこちら>>http://u0u0.net/WoYy 
※TEL予約はこちら>>053-545-6766 

お客様のライフスタイルをじっくり伺い、今だけでなく未来の暮らしにも寄り添った、テーラーメイドのような家づくりを目指す私たち。
今回日程が合わないという方も、4月6日(土)・7日(日)に浜松市中区上島で天竜の山の木を使った、二世帯住宅の完成見学会を予定しています(^^)

「となりの建築工房の家を見てみたい!」「天竜の山の木を使った住まいに興味がある!」という方は、是非見学会で実際の家づくりを来て・見て・感じてください。
きっと、あなたらしい住まいのヒントが見つかるはず。
みなさまにお会いできることを楽しみにしています!!