となりの建築工房

浜松・磐田エリアで素材感やデザインにこだわる住まいづくり、お任せ下さい。

となりの建築工房はZEHビルダー登録店です。
ZEH実績報告はこちら
スタッフ募集のお知らせ

ずっと愛される住まいは、デザインも素材も美しい。

資料請求・ご相談
2019.03.12 / 暮らしのアイデア
住まいのデザインが暮らしやすさを作るから...。
私たちはご家族がほど良い距離感で、心地よく暮らせる家づくりを物語のように紡いでいます。

二世帯7人のご家族が暮らすS様邸「ゆずりは」は、多めの共用部分と、ご両親・若夫婦それぞれの専有部分もバランスよく仕上げたこだわりの二世帯住宅です。

190312_1.jpg

となりの建築工房がこだわる深い軒のあるウッドデッキやキッチン、ベンチのように腰掛けられる畳スペースのあるリビングはご家族が自然と集まる共有スペース。

190312_2.jpg

190312_3.jpg

LDK
は質感のある現しの梁がさりげなく空間を分け、隣の部屋やウッドデッキ、外への広がりを演出しています。キッチン前のカウンターには、落ち着いた色合いのタイルを貼り、デザイン性だけでなく掃除のしやすさにも配慮。カウンター下や、畳スペースの段差を活用した収納空間が、室内をすっきりいつも綺麗な状態にキープする便利な要素となっています。

190312_4.jpg



190312_6.jpg
 
どんなに仲良し家族でも、世代間のライフスタイルの違いは生じてしまうもの。だからこそ、寝室や趣味スペースなどの専用部分もメリハリを持って配置した二世帯住宅となっています。

二世帯住宅は、家族の距離感をいかに心地よく保てる間取りにするかが大切!
家族の物語が刻まれる住まいだからこそ、じっくりとお話を伺いながら家の形を決めていく、となりの建築工房と一緒に家づくりを始めてみませんか?

今週末16、17日はとなりの建築工房の二世帯住宅の見学会を開催予定♪
ご家族のライフスタイルに合った、二世帯住宅の形を一緒に探してみませんか?

築0才の家見学会@浜松市東区原島町
・日程:3月16日(土)・17日(日)
・時間:①9:30〜 ②11:30〜 ③13:30〜 ④15:30〜
・場所:浜松市東区原島町344-4
・ご予約:Eメールもしくはお電話にて
※WEB予約はこちら>>http://u0u0.net/WoYy
※TEL予約はこちら>>053-545-6766

2019.03.05 / 暮らしのアイデア
徐々に陽が長くなり、春の足音を感じることも多くなってきた今日この頃。
春夏秋冬、四季のある日本は暮らしも季節の移ろいによって少しずつ変化していきます。

昔ながらの工法を継承し、心地よい家づくりを叶えているとなりの建築では、ほとんどのお家に(のき)や(ひさし)を深めにつけています。コストダウンや住まいの洋風化によって、削られてしまうことも多くなってきた軒や庇ですが、実は日本の気候に合わせて作られた合理的な形だというのをご存知ですか?

190305_1.jpg

菜の花が咲く頃に降る春の雨や、長雨が続く梅雨など降雨量の多い日本。
深さのあるは、雨が家の中に降りこむことを防ぎ、雨の日でも窓を開けて換気できるようにしてくれます。

また、太陽が天高くのぼる夏には、深い軒や庇が家の中に入る日差しをしっかりと遮り、室内を快適に。

反対に冬には空に低くのぼる太陽の高さに合わせて光の入射角が低くなるため、室内にしっかりと暖かな日差しが注ぎ込むようになっています。

190305_2.jpg

こんな風に、快適な室内空間を作る上で欠かせない大切さを知っているからこそ、となりの建築工房では、深い軒や庇のある家をデザイン・設計しています。

風土に合わせて編み出されてきた、先人の知恵が詰まった昔ながらの家づくりは、実に合理的で、暮らしにあったものなんですね。

在来工法の良さをもっと知りたい!話を聞いてみたい!という方は、お気軽にお問い合わせください。

2019.02.28 / 暮らしのアイデア
0歳の家 見学会のお知らせ♪

3月16日(土)・17日(日)に天竜の山の木を使った世帯住宅の見学会を開催します!
http://tonarino.co.jp/news-event/2019/02/31617.html

201902_4-1.jpg


今回ご見学いただけるのは、浜松市東区原島町に完成する2階建+平屋二世帯住宅
玄関やキッチンなど子世帯と親世帯の生活空間をしっかりと分けた築0才のお家は、二世帯住宅をご検討されている方はもちろん、そうでない方にも♪

となりの建築工房の家づくりをたっぷり感じていただける住まいです。
二世帯住宅を建てるにあたり、浜松市からの補助金を活用。もちろん、となりの建築工房こだわりの、天竜の山のを使用した住まいです。

201902_4-2.jpg

天竜の山の木を使った、ほっと安らぐ家づくりを見てみたい方も是非お越しください!

築0才の家見学会@浜松市東区原島町
・日程:3月15日(土)・16日(日)
・時間:①9:30〜 ②11:30〜 ③13:30〜 ④15:30〜
・場所:浜松市東区原島町344-4
・ご予約:Eメールもしくはお電話にて
※WEB予約はこちら>>http://u0u0.net/WoYy 
※TEL予約はこちら>>053-545-6766 

お客様のライフスタイルをじっくり伺い、今だけでなく未来の暮らしにも寄り添った、テーラーメイドのような家づくりを目指す私たち。
今回日程が合わないという方も、4月6日(土)・7日(日)に浜松市中区上島で天竜の山の木を使った、二世帯住宅の完成見学会を予定しています(^^)

「となりの建築工房の家を見てみたい!」「天竜の山の木を使った住まいに興味がある!」という方は、是非見学会で実際の家づくりを来て・見て・感じてください。
きっと、あなたらしい住まいのヒントが見つかるはず。
みなさまにお会いできることを楽しみにしています!!

2019.02.21 / 暮らしのアイデア
「あんまりきれいごとを言うのは、嫌なんだけど...」と言いながらも、背伸びするのではなくテーラーメイドの服のように暮らす人にあった家づくりを目指していると話す、となりの建築工房の松島政晴
前回に引き続き、今回も松島に家づくりのこと、となりの建築工房のことなどを聞きました。

20192_3.JPG



Q.いつもお客様との打ち合わせで心がけていることは?

A.お客様との打ち合わせでは、家以外の話もできるだけするようにしています。
どんな家にしたいかという話だけでは、なかなかお客様のライフスタイルやこだわりを引き出しきれないことも。
「こんな間取りにしたい」「こういうデザインがいい」という要望をお聞かせいただきつつも、プロとしてお客様の暮らしには「こんな形がいいのでは?」とお客様の想像を超えたプランをご提案したいんです。
また、プランやデザインが納得いくものでも予算と兼ね合わなければ意味がありませんから、コストとデザインの兼ね合いで最適な落としどころは何か、も考えてご提案するようにしています。


Q.そう思う理由は?

A.人は、一生どこかに住まなければいけない生き物。賃貸であれ持ち家であれ、住む場所(=家)が必要なんです。
だからこそ、家は生活に大きく影響する要素。デザインや間取りも大切ですが、同時に住まいが家計を圧迫してもいけません。

また、生活する上で困っていることを建築から解決できることだってたくさんあると思っています。となりの建築工房で家を建ててくださるお客様が「家を建てて暮らしがいい方向に変わった!」と思っていただくのが理想。家以外の話も聞きながら、予算をオーバーしないようにしながら「この人ならこうやったら喜んでもらえるだろうな...」と言う最大公約数の答えを見つけて家づくりをすることが大切だと思うんです。


--
松島の家づくり、仕事にかける熱い想い。ほんの少しでも伝わりましたでしょうか?まだまだご紹介しきれなかった、お客様との忘れられないエピソードなども、後日機会を見てご紹介させていただきます!

2019.02.20 / 暮らしのアイデア

こんにちは!家づくりだけでなく人生経験も豊富なちょいワル...ではなく、頼れるプロが大切な家づくりをお手伝いしているとなりの建築工房。

今日は家づくりではなく、となりの建築工房の"人"にフォーカスをあててご紹介いたします。今回ご紹介するのは、日々お客様と打ち合わせでお会いすることも多い、社長の松島政晴です。

なぜこの業界に入ったのか、どんな家づくりを目指しているのかインタビューしてみました!

201902_3_1.jpg



Q.
家づくりの仕事をはじめてどのくらい?この業界に入ったきっかけは?

A.この業界に入ったのは、かれこれもう26年くらい前になります。もともとグラフィックデザインの仕事をしていたのですが、ずっとデスクに座って昼も夜もない生活に疲れてしまって...。体を動かす仕事を!と思って建物の基礎工事を手がける土木関係の会社に転職したのが最初のきっかけです。

その後、独立して外構や植栽の職人として働いていた頃に「一緒に仕事をしないか?」と声をかけられて、となりの建築工房に入りました。

 

Q.となりの建築工房の家づくりの特徴は?

A.天竜の山の木を使うなど自然素材を使うことにもこだわっていますが、一番の特徴はお客様の暮らしに合わせたデザイン・プランニングを大切にしていることです。

例えば洋服をテーラーメイドで作ると、既製品とは比べ物にならないくらい自分の体にぴったりとフィットします。デザインだけでなく着心地も自分に本当にあった服を着られれば、1日が快適・幸せになりますよね。

家づくりも同じこと。私がとなりの建築工房で目指しているのは、背伸びせず、毎日快適に過ごせるテーラーメイドの服のような家づくりなんです。

---

テーラーメイドの服のように、心地が良い家づくり...。松島が目指す家づくりの話は次回へと続きます!どうぞお楽しみに♪