BLOGスタッフブログ

インタビュー♪ となりの建築工房の「家族物語」とは?

となりの建築工房では、これから家づくりを始めるというお客様に、まずは「家族物語」をお聞かせいただいています。
いきなり家族物語・・・と言われてもなんだかよくわからない!という方も多いのでは・・・ということで!
今日は松島に「となりの建築工房の家族物語とはなんなのか」をインタビューしてみました。

 

早速。家族物語とは一体どんなものなのか、話を聞いてみましょう♪

 

 

Q.家族物語ってそもそも何?

―家族物語は家づくりを始める際にお客様が「どんな家にしたいのか」「どんな暮らしをしたいのか」を伺うために最初に書いていただく冊子です。

 

Q.冊子…となんだか難しそうですが、どんな内容なんですか?

―家族物語の冊子にはさまざまな質問が書かれていて、それに答えていただく形で皆さまの家族の物語をお教えいただいています。

 

Q.どうして「家族物語」の冊子を作ったの?

―家づくりは、実は考えなければいけないことがたくさん。でも、どんな間取りやプランが自分たちの暮らしに合っているかなんて、初めて家づくりをする方がほとんどですから、わからないのは当たり前ですよね。
家族物語は、お施主様自身も気づいていない「こんな暮らしがしたい」「今の家ではこんな不満がある」というものを引き出していくための道具。家族物語をもとに、今の生活や将来のライフプランに合わせてこれから作る住まいはどんな形がいいのかを検証、ご提案していきます。

 

Q.なんだか難しそうですが・・・

―それほど気負わなくても大丈夫ですよ!
質問の数は、正直結構たくさんありますが、全部に答えられなくてもOKなのでご安心ください。冊子を拝見しながら、お打ち合わせの場で色々お伺いさせていただきます。

 

いかがでしたか?家族物語を使って作られる住まいの形は、十人十色。
じっくりとお打ち合わせを重ねながら、明日を楽しむ家づくり楽しみましょう!

 

 

☆となりの建築工房の施工事例はこちら