BLOGスタッフブログ

〜照明は存在感をなくすのが吉!?〜くつろぎ感じる家づくりのコツ

いよいよ年末。大掃除や仕事納め、はたまた年末年始の帰省や旅行などの準備で何かと忙しないこの時期。家に帰りほっとくつろぐ時間は、何者にも代えがたい癒しの時間ですよね。
夜家に帰ってきたとき、もっとくつろぎの空間にできたらな〜なんて考えたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
 
そこで今日は、くつろぎ感じる家づくりのコツについて、ほんの少しだけお話しさせていただきます。
 

 
夜の家の過ごしやすさや雰囲気を決める要素、皆さんは一体何だと思いますか?
大きな要素の一つが、照明です。特に、夜の時間が長いこの季節。照明プランの良し悪しが、家の心地よさを大きく左右します。
 
お客様のご希望にもよりますが、となりの建築工房では、できるだけ照明プランはシンプルに、そして明る過ぎないように計画することがほとんどです。
 
と言うのも、派手で存在感のある照明器具は価格が高い一方で、流行に左右されてしまうことも多いため。また、空間のなかであまりも照明が主張し過ぎてしまうと、家具やインテリアとのバランスが悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。
 

 
となりの建築工房でも、ダウンライトを用いたプランをご提案することが多いのですが、その際は、天井や壁に陰影をつくりだし、雰囲気ある空間になるよう心がけています。また、暮らしの中で使いやすい照明の位置にもこだわっているんですよ。
 
空間をすっきり見せるダウンライトは、吹き抜け空間梁のある天井にもよく馴染みます。
また、必要なところだけを照らすこともできるので、空間を程良い明るさに調整できると言う点でもメリット大。
 
こんな風に、照明プランについても、マイホームを建てる際には、しっかりと考えてみてはいかがでしょうか?となりの建築工房では、お客様がくつろぎを感じられる空間づくりを照明プランからもご提案させていただきます!
 

 
最後になりましたが、今年のブログ更新も今日が最終日!
2019年もありがとうございました!
 
となりの建築工房では、2020年も引き続き、お客様が心地よくくつろぎ感じるマイホームづくりオーダーメイドの設計でお手伝いさせていただきます。
ぜひ、家づくりの疑問や不安、ご相談ごとがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。
 
それではみなさま良いお年を。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

となりの建築工房の施工事例はこちら

最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら♪