BLOGスタッフブログ

マイホーム計画コトハジメ〜家づくりのトータル予算、どう考える〜

消費税増税から1ヶ月。キャッシュレス還元や軽減税率などによって「あんまり増税した感じがしないな…」なんて感じている方も多いかもしれません。
家づくりでも増税に併せて色々な負担軽減政策が出ていますが、一番大切なのはマイホームづくりの資金計画土地代と家の建築費用、そして諸費用をしっかりとトータルで考えることです。
 

 
マイホーム の資金計画において、土地購入費は大きなウエイトを占めています。
土地に2,000万円かけるのか、1,500万円かけるのかによって、家本体にかけられるお金は当然大きく変わります。
 
そのため、「どんな家を建てたいのか?」と考えて、「そのためには家本体にいくら必要で、土地にはいくらかけられるのか」を大まかでいいので把握しておかないと、家づくりの資金計画・予算配分が狂ってしまいます。
 
例えば、自分たちが建てたい家を抱えるには、どのくらい建築費用がかかるのかを考えずに土地探しを始めた場合…。
土地購入費が建築費用を圧迫し、家づくりで妥協しなければならなくなってしまいます。
 
まず家づくりにどれだけお金をかけられるのか、大まかな予算を考えたら、次はご自身の描くマイホーム の優先順位を考えましょう。
 
立地重視なのか、家の広さ重視なのか、はたまた庭を広く確保したいのか…など。
どうしても譲れないこだわりを変えるには、いくらかかるのかを考えて、土地代と建築費の予算配分をすれば、あとから「こんなはずではなかった」と後悔するリスクも減らせます。
 
「工務店に家づくりを相談するなら、土地がないとダメ!」とお考えの方も多いのですが、となりの建築工房では、土地探しをする際もしっかり家造りのプロの目線でアドバイス。
工務店だからこそのきめ細やかな対応で、お客様の理想の家づくりをお手伝いさせていただきます。
 

 
\11月16日・17日は「築0歳のお家」見学会♪/
となりの建築工房の家づくりをご覧いただける、完成見学会を開催します!
詳細はこちらをチェック
 
となりの建築工房の施工事例はこちら
 
最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら♪