暮らしを楽しむEnjoy Life

暮らしを愉しむ〜あったか無垢フローリングのあるお部屋でリラックス〜

秋も深まり、金木犀の良い香りに包まれる今日この頃。
木は秋の紅葉、初夏の新緑など、私たちに四季の移ろいを感じさせてくれる存在。昔から木のある暮らしをしてきた私たち日本人の心には、木に触れるとほっとする、そんなDNAが組み込まれているのかもしれません。

 

天竜ヒノキや天竜スギなど、天竜の山の木を使った家づくりをご提案している私たちも、木の魅力にはいつもハッとさせられるものがあります。

 

そこで今日は、「木のある暮らし」として、無垢フローリングについてほんの少しだけお話ししてみようと思います。

フローリング材は大きく分けて、天然木の温もりを感じられる無垢材と、経年変化の少ない複合材、2種類に分けられます。天然木本来の調湿性・断熱性を家づくりに活かせる素材として人気の無垢材も、木の種類によって色や足触りが少しずつ異なります。

 

無垢フローリングの特徴としてよく挙げられる温もりは、見た目だけではありません。
実際に、足や手が触れた際にも暖かさを感じていただけます。

 

その理由は、無垢材の持つ断熱性。
無垢材は、木が生きるために根から水を吸い上げる際に使われていた管が、木材となったときにそのまま空洞となる雨、空洞部分が断熱性のある空気層として機能し、あたたかさを感じられるようになるのです。

 

よく、桐や杉のように柔らかい木はより暖かく感じられると言われるのは、この空気層が多いためなんですよ。

秋〜冬は、キッチンでの台所仕事も足元からの冷えが辛い季節。
冷えが気になる場所だけを無垢フローリングにするだけでも、暮らし心地が変わります。

 

ぜひ、無垢フローリングの心地よさ、感じてみてくださいね♪