暮らしを愉しむEnjoy Life

暮らしを愉しむ〜キッチンプランの立て方、考え方〜

12月に入り、すっかり冬を感じる季節になりました。
家の中でも季節の食材を使うキッチンは、家の中でも特に季節の移ろいを感じる場所の一つ。寒い冬は、キッチンで鍋料理や煮物をするだけで、家の中が心なしか暖かく感じられるものですよね。

そんなキッチンは注文住宅で家を建てるオーナー様もこだわりがあることの多い場所。
ということで、今日は暮らしを愉しむためのコツとして、キッチンプランについて一緒に考えてみましょう。

キッチンプランは家事動線や収納はもちろんのこと「アイランドスタイルカウンタースタイルか」「コンロはどこのメーカーにするのか…」などこだわりポイントはたくさんあります。

となりの建築工房に家づくりをご相談くださるお客さまで多いのが、「ダイニング横にキッチンをつくる」というスタイル。食事の配膳や片付けも、家事動線を短くできるので、とても楽チンなスタイルです。

また、家事楽という視点でキッチンを考えるなら、作業台の高さも大切。食材を切る・お皿を洗うなどの動作がしやすいように、オーナー様の身長に合わせて高さ調整をご提案することもあるんですよ。

もう一つ、ご要望が多いのが食洗機
食器洗いは毎日の家事の中でも結構大変な作業です。それを少しでも楽にできれば、家族で過ごす時間も増えるもの。料理全般の家事は奥様、というご家庭でも、食洗機があれば旦那様も気軽に、食器洗いの家事をお手伝いできる…というメリットもあるかもしれません。

食洗機は高温で食器を洗えるため、小さいお子様がいるご家庭では、食器の雑菌などを消毒できるという点でも安心ですよね。

食洗機やシンク、コンロなどキッチン設備のメーカーがたくさんあり、どこがいいのか迷ってしまうこと、ありますよね。確かにメーカーごとに特徴はそれぞれありますが、性能面ではそれほど違いはありません。

また、キッチン設備はどうしても30年、40年と住み続けると一度はリフォームで変える必要が出てくる場所。すごくこだわったとしても「いつかは変える」としたら…。最初はコストを抑えておいて、資金的に余裕のある定年後にリフォームする際に、こだわりのキッチンにリフォームすることだってできますよ。

家の中で後からリフォームで変えられないのは構造断熱です。もし、マイホームの資金計画でどうしても余裕がない…という場合には、「将来リフォームかもしれないものはコストを抑えて」と考えるのもありですよ。

人によって正解が違うからこそ、注文住宅でお客様に合わせた家づくりをご提案させていただいている、となりの建築工房。
ぜひ、マイホーム計画で何か気になることがあればお気軽にご相談くださいね!

 

となりの建築工房の施工事例はこちら

最新のイベント情報&お問い合わせ・見学お申し込みはこちら♪